青森県地場セレクト ブログ-青森県観光物産館アスパム直営店

青森県の観光拠点、青森県観光物産館アスパムの直営店「青森県地場セレクト」では、県内選りすぐりの地場産品を販売しております。  商品情報や、イベント情報などなど、お届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

弘前市成田専蔵珈琲店の「藩士の珈琲」をおうちで簡単にいただけます。コーヒーバック入り販売開始!

2014-06-08-13-55-18_deco.jpg


弘前市成田専蔵珈琲店の人気メニュー「藩士の珈琲」を自宅で楽しめる

コーヒーバック入り「藩士の珈琲」を販売開始です!



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

藩士の珈琲物語

1807年江戸時代。
津軽から北海道に渡り北方警備に当たった弘前藩兵が、薬としてコーヒーを飲んでいたそうです。

その当時の飲み方は
鉄鍋で珈琲豆を黒くなるまでよく煎り、すり鉢で粉状にした後、粉を麻の袋に入れて土瓶のお湯に浸して振る作業を行い、茶碗にいれて飲んだそうです。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



今回その作業を家庭で行う為に、よくあるドリップ式の淹れ方ではなく


ダンク式といわれる珈琲バックを使用する淹れ方を採用しております。


2014-06-08-13-45-24_deco.jpg

お茶のバックみたいですね!?

触ってみると、とてもきめ細かい素材でできています。

スティックをお湯の中で上下させると、珈琲のいい香りがしてきました。

2014-06-08-13-53-13_deco.jpg


ダンク式のいいところは

自分好みの濃さにできるところ♪



ちょうどいい濃さになったらバックをひきあげてください。


当時の歴史を振り返るのであれば、お茶碗で飲むと雰囲気がでますよ(●´∀`)

縮小2014-06-08-13-57-19_photo

味もマイルドでとっても飲みやすかったです♪

せっかちな私はドリップ式の珈琲はなかなかうまく入れられないのですが(ρ_;)

このダンク式であれば「誰でも」「簡単に」「どこでも」珈琲を楽しむことができます。

カップとお湯があればすぐに入れられるので、アウトドアに行かれる際に持参してもいいかもしれませんね。



7袋入り 972円(税込)





全国発送承ります。

お取り寄せについてはこちらからどうぞ→お取り寄せページ






ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。



青森県地場セレクトtwitterはこちらから→
https://twitter.com/aomorijibasele
色々とつぶやいております(人´∀`)




スポンサーサイト

| 商品紹介 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jibaselect.blog10.fc2.com/tb.php/1276-114e97bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT